活動レポート

改良復旧を促進

17日、記録的な大雨で浸水や道路の崩落など被害が相次いだ広島県内各地を訪れ、被災状況を調査するとともに復旧の進ちょくを確認した。公明党の斉藤てつお副代表らが同行した。住宅街が浸水した竹原市本町へ。床上浸水の被害に遭った藤 …

つづきを読む→改良復旧を促進

土石流被害 支援万全に

公明党の「令和3年7月1日からの大雨非常災害対策本部」(本部長=大口善徳衆院議員)は13日、国土交通省で赤羽一嘉国交相に対して、静岡県熱海市で発生した土石流災害に関する緊急要望書を手渡し被災地支援に万全を期すよう訴えた。 …

つづきを読む→土石流被害 支援万全に

盛り土の総点検必要

6日の閣議後記者会見で、静岡県熱海市で発生した土石流に関連し、県が発生地付近の盛り土と土石流発生の関連性を含め調査しているとした上で、「農林水産省や環境省など関係省庁と、全国の盛り土自体を総点検する方向で考えていかなけれ …

つづきを読む→盛り土の総点検必要

第5回 国連水と災害に関する特別会合に出席

6月25日、「第5回 国連水と災害に関する特別会合」(Web会議形式)のハイレベルディスカッションに出席しました。本会合では、よりレジリエントで持続可能なポストコロナ社会の実現に向けて、水と災害問題や都市化、食糧問題、環 …

つづきを読む→第5回 国連水と災害に関する特別会合に出席

4席分の車椅子用フリースペースを整備したE7系に試乗

6月23日、朝日国土交通大臣政務官、4名の車椅子使用者の方々とともに、昨年10月に改正された省令に基づき4席分の車椅子用フリースペースが整備されたE7系新幹線車両で上野~大宮駅間を試乗し、車内で意見交換を行いました。この …

つづきを読む→4席分の車椅子用フリースペースを整備したE7系に試乗

ワクチン職域接種開始

13日から航空業界で新型コロナウイルスワクチンの職域接種が始まったことを受け、14日、東京都大田区の羽田空港を訪れ、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の職域接種会場を視察した。JALは羽田空港の会議室で国際線のパイ …

つづきを読む→ワクチン職域接種開始

非接触化 普及に全力 顔認証など感染対策を巡り

4日、東京都大田区の羽田空港を訪れ、空港内での新型コロナウイルス感染症対策などを調査し、関係者と意見を交わした。赤羽国交相は、搭乗手続きにおける非接触化の取り組みで、PCR検査の陰性証明書をスマートフォンのアプリで表示し …

つづきを読む→非接触化 普及に全力 顔認証など感染対策を巡り