3月10日 除染作業の視察(福島県郡山市)

郡山市で福島県住環境復興事業協同組合の陰山建設㍿による新技術による除染作業を視察した。高圧高温吸引型洗浄機で吸引除染するので、最大の問題の汚染水の飛散を低減。集水した汚染水をセシウム除去率99%のゼオライト系の瞬間凝集剤で処理する優れものです。

しかい、これが残念なことに公的補助ナシ!同社の青年社長が、故郷のためとの一念で私財を投入しながら執念の取組みを続けられている。

現在の除染の多くが、放射性物質を移動させているに過ぎず、汚染水が集中した場所がホットスポットとなって2次汚染となっていることを直視し、子どもの健康のためにも、可及的速やかに公的支援を実現しなければならないと決意しました。

banner_result
banner_vision
mobile
アーカイブ